経営革新申請支援センター

経営革新申請支援センター
経営革新申請支援センターとは:経営革新申請支援センターと、その運営元であるアレンジネットのご紹介です。

経営革新申請支援センター 誰も教えてくれない究極の資金調達マニュアル無料進呈中 新規事業が必要な企業様へ 融資が必要な企業様へ 節税が必要な企業様へ 投資・補助金が必要な企業様へ 販路開拓が必要な企業様へ 経営革新計画申請支援のご案内
NEW緊急告知!「公的支援策活用メルマガ」に今すぐ無料で登録する→
TOPこのサイトについて > 経営革新申請支援センターとは

経営革新申請支援センターとは

経営革新申請支援センターでは、中小企業新事業活動促進法に基づく経営革新の申請に関わる支援を行っています。具体的には、経営革新に該当するビジネスプランをお持ちの中小企業様に対し、経営革新申請に関する最新情報や申請ノウハウをご提供し、必要に応じて計画のブラッシュアップや、計画書の作成支援を行っています。

当サービスを開始した背景には、以下のような理由があります。

  • 経営資源に乏しく、自社の強みを活かせていない中小企業が多く存在すること
  • 有益な公的支援策の認知度が低く、十分に活用されていないこと
  • スピード経営が重視される時代の中、コンサルタントの支援による効率的な申請が求められていること

このような背景のもと、経営革新申請支援センターは、経営資源に乏しい中小企業が、激動する環境の中で生き抜くためには、公的支援策を徹底活用していくことが有効であると認識し、以下のような目的を達成するために開設されました。

経営革新申請支援センターのミッション

  • 経営革新申請支援を通じて、中小企業様の業績改善に寄与すること
  • 公的支援策の認知度アップ、普及を図ること
  • 中小企業診断士として、中小企業様の経営支援を行うこと

経営革新で会社を変えたい!経営革新で第2の創業を興したい! そんな中小企業様からのお問い合わせを心よりお待ちしております。

運営元

経営革新申請支援センターは、アレンジネットが運営しています。アレンジネットは、起業支援、企業の経営革新支援、連携支援をミッションとする経営コンサルティングファームです。インターネット・マーケティングと中小企業診断士のネットワークを軸に、各種コンサルティング・サービスを提供しております。


屋 号 アレンジネット
ブランド名 経営革新申請支援センター
お問い合せ先 info@arrange-net.com
フォームでのお問い合せ先はこちら
運営者 中小企業診断士 松栄 英史
所在地 〒285-0846 千葉県佐倉市上志津1792-1 301
電話番号 043-309-9304
※大変申し訳ございませんが、個人事務所のため、お電話での問い合わせには対応できません。貴社名、ご相談内容等をを明らかにしてお問い合わせフォームよりご連絡下さい。
フォームでのお問い合せ先はこちら
業務内容 【経営コンサルティング】
・経営革新計画作成支援
・事業計画策定支援
・公的施策活用支援
・起業支援

【ウェブコサンルティング】
・ウェブマーケティング
・CMS構築支援
・アフィリエイト活用支援
・ビジネスブログ構築支援

【販売】
・ウェブテンプレート販売
運営サイト アレンジネット
経営革新申請支援センター
CMS構築見積センター
フリープレート
資格等 経済産業大臣登録 中小企業診断士



経営革新計画の申請に関するお問い合わせはこちらから

知らないと損する!外注コストを90%減らす方法

知っていますか?一括見積りサイトを利用すれば、外注費や委託費を無料で劇的に下げることができます。ある企業は、この方法で90%削減することができたそうです。詳しくはこちら

DM発送・ダイレクトメールサービスの無料一括見積り
複合機・コピー機の無料一括見積りり
リフォーム会社の無料一括見積り
自動車保険の無料一括見積り
物流倉庫・レンタル倉庫の無料一括見積り
オフィスの引っ越しの無料一括見積り
ホームページ制作の無料一括見積り
翻訳代行サービスの無料一括見積り
テレマーケティングの無料一括見積り
データ入力サービス・入力代行の無料一括見積り
POSレジの無料一括見積り
決済代行サービスの無料一括見積り
メール配信サービスの無料一括見積り
クラウドワークスで仕事を依頼する

スポンサードリンク

経営革新申請支援サービス
経営革新コンサルティング
スポンサードリンク
コンサルティング実績
  • レポートダウンロード数2,361件
  • 個別相談数175件
  • 経営革新認定数37件
ご注意事項
  • 当事務所は、経営革新等支援業務者として国の認定を受けています。
  • 本ページには、最新かつ正しい情報を掲載するよう努めておりますが、タイミングによっては古い情報や誤った情報となってしまうおそれもあります。自己責任のもとで情報確認を行った上、ご活用ください。