経営革新申請支援センター

経営革新申請支援センター
経営革新コンサルティングのご案内:経営革新のスキームを活用して、新規事業を軌道に乗せたい企業様に適したスタートアップ支援サービスです。

経営革新申請支援センター 誰も教えてくれない究極の資金調達マニュアル無料進呈中 新規事業が必要な企業様へ 融資が必要な企業様へ 節税が必要な企業様へ 投資・補助金が必要な企業様へ 販路開拓が必要な企業様へ 経営革新計画申請支援のご案内
NEW緊急告知!「公的支援策活用メルマガ」に今すぐ無料で登録する→
TOP経営革新計画申請支援のご案内 > 経営革新コンサルティングのご案内

経営革新コンサルティングのご案内

経営革新コンサルティング

アレンジネットでは、経営コンサルタントの国家資格である中小企業診断士による経営革新コンサルティングをご提供しています。経営革新という公的支援策のスキームを活用して、新規事業を軌道に乗せたい企業様に適したスタートアップ支援サービスです。

新規事業の立ち上げ段階の人員をアウトソースにより確保し、外部専門家のリソースを活用することでコスト負担を抑えつつ事業の実現可能性を高める効果が期待できます。中長期的な視点に立った経営革新コンサルティングのご導入を、ぜひご検討ください。

経営革新コンサルティングは、このような企業様にお勧めです。

  • 経営革新のスキームを活用して、新規事業を軌道に乗せたい。
  • 経営革新計画の構想をブラッシュアップして、新規事業のアイデアを形にしたい。
  • 経営革新計画の承認後に受けられる支援策も視野に入れて、戦略的に新規事業展開を行いたい。
  • 経営革新計画の立案から実行まで全面的に手伝ってほしい。
  • 外部専門家として新規事業に参画してほしい。
  • 事業承継の後継者教育の一環として、経営革新を活用したい。

経営革新コンサルティングの特徴

  • 経営革新計画のプランニングから承認、その後の事業展開も含め、御社の新規事業を継続的にお手伝いたします。
  • 承認後に活用すべき支援策も視野に入れ、戦略的な経営革新計画を立案いたします。
  • これからのビジネスに必要不可欠なインターネット活用戦略をご提案いたします。
  • 御社にとって有益な提携先・専門家をご紹介いたします。
  • その他、当事務所のサービスを特別料金にてご提供いたします。

融資を断られていた企業が、経営革新の承認によって保証枠が広がり、複数の銀行から営業を受ける立場に!経営革新の承認を得て、巨額の留保金課税を免除されたことで、新規事業展開の大幅なスピードアップが実現!経営革新を利用して、御社もぜひ新規事業を飛躍させてください。

経営革新コンサルティング導入のステップ

経営革新コンサルティングのお申し込みから経営革新計画の承認申請、計画の実行までは、以下のような流れとなっております。

  1. お問い合わせ
    経営革新コンサルティングへのお問い合わせ、お申し込みはこちらのフォームからお願いします。お問い合わせ後、メールやお電話で、新規事業の構想や経営革新計画の概要をお伺いさせていただくことがございます。

  2. 初回ヒアリング
    担当のコンサルタントが御社にお伺いし、御社の現状や新規事業に関するヒアリングを行います。移動距離に片道1時間以上かかる場合は、別途交通費をご請求させていただきます。全国どちらでも対応可能ですが、宿泊が必要な場合は、別途出張費として1日1万円をご請求させていただきます。

  3. ご契約
    当事務所のサービス内容に納得いただいた上、秘密保持やサービス内容に関わる契約書を交わさせていただきます。その際、会社案内や決算書等の必要な資料をお預かりいたします。

  4. 料金お支払い
    料金は毎月前払いとさせていただいております。ご契約後、初期料金を指定の口座にお振込みいただきます。

  5. ビジネスプラン作成
    ヒアリングの内容をもとに、御社と当事務所にてミーティングを実施しながら、新規事業に関するビジネスプランを作成していきます。細部のすり合わせを行いながら、当事務所にて全体のバランス調整を行います。また、計画のドラフトが出来た段階で、都道府県の経営革新申請窓口へも同行いただき、経営革新計画の申請に備えて事前に打診を入れておきます。

  6. 経営革新計画の申請
    窓口担当者に申請書の内容を確認してもらった後、申請書類を一式揃え、窓口へ申請します。原則、御社ご自身で申請いただくことになります。必要であれば、担当コンサルタントが同行することも可能です。

  7. 経営革新計画の承認と実行
    承認には申請後、約1ヶ月かかります。承認後、支援策を活用しながら、経営革新計画を実行します。当事務所のコンサルタントが定期的に御社を訪問し、新規事業展開のお手伝いをいたします。外部コンサルタントが定期訪問することで、PDCAサイクル(計画・実行・評価・改善)が定着し、経営革新計画の実現可能性がアップします。

経営革新計画の申請までには、平均して約半月〜1ヶ月の時間がかかります。また、実際に経営革新計画が承認されるのは、申請後、約1ヶ月かかります。つまり、今から作業を始めたとしても、実際に承認を得られるのは早くても2ヵ月後ということになります。
このように承認までにタイムラグが発生しますので、低利融資などの支援策を活用する場合などは、計画作成の遅れが事業に直接影響してくることもあります。必要な時にスムーズに支援策を活用するためにも、新たな取り組みを行うご予定がある企業様は、今すぐ行動されることをおすすめいたします。

サービスメニューと料金体系

経営革新コンサルティング・サービスのメニュー及び料金は、以下の通りです。御社のご都合に合わせて最適なメニューをご提案いたします。下記は目安となるモデルケースとしてお考えください。

Aコース(固定報酬+経営革新支援パック)

料金 基本料金: \210,000(税込・交通費別) / 月3回×3時間のご面談
経営革新計画の作成・申請支援: \0
ご契約期間 半年〜
補足 御社の新規事業を経営革新計画の承認から計画の実行までトータルでご支援いたします。 経営革新計画の無料申請支援を始め、様々な特典付きのフルパッケージコンサルティングコースです。訪問回数を月3回のペースで実施し、御社の新規事業のプランニングから実施段階まで完全密着でご支援いたします。



Bコース(固定報酬)

料金 基本料金: \157,500(税込・交通費別) / 月2回×3時間のご面談
経営革新計画の作成・申請支援: 133,000円(税込) / 通常の1/3
ご契約期間 半年〜
補足 経営革新計画の作成・申請支援はオプションになりますが、月2回のご訪問を基本として、御社の新規事業のプランニングから実施段階までご支援いたします。



Cコース(固定報酬+成果報酬)

料金 基本料金+コミッション(支援の結果に伴う料金)
基本料金: \10,5000(税込・交通費別) / 月1回×3時間程度のご面談
コミッション: 案件によりご相談
経営革新計画の作成・申請支援:199,500円(税込) / 通常の半額
ご契約期間 半年〜
補足 毎月の固定報酬額を少なく抑える代わりに、売上アップ、資金調達等、支援の結果に応じた成果報酬額をお支払いいただくコースです。これにより、通常のコンサルティングにはない結果重視のサービス提供が可能です。経営革新計画の作成・申請支援はオプションになりますが、月1回のご訪問を基本として、御社の新規事業のプランニングから実施段階までご支援いたします。

※顧問契約料およびコンサル報酬は、全額経費扱いとなります。

また、経営革新計画の申請支援を単体でお申し込みされる企業様は、「経営革新申請支援サービス」のページをご覧下さい。



経営革新計画の申請に関するお問い合わせはこちらから

知らないと損する!外注コストを90%減らす方法

知っていますか?一括見積りサイトを利用すれば、外注費や委託費を無料で劇的に下げることができます。ある企業は、この方法で90%削減することができたそうです。詳しくはこちら

DM発送・ダイレクトメールサービスの無料一括見積り
複合機・コピー機の無料一括見積りり
リフォーム会社の無料一括見積り
自動車保険の無料一括見積り
物流倉庫・レンタル倉庫の無料一括見積り
オフィスの引っ越しの無料一括見積り
ホームページ制作の無料一括見積り
翻訳代行サービスの無料一括見積り
テレマーケティングの無料一括見積り
データ入力サービス・入力代行の無料一括見積り
POSレジの無料一括見積り
決済代行サービスの無料一括見積り
メール配信サービスの無料一括見積り
クラウドワークスで仕事を依頼する

スポンサードリンク

経営革新申請支援サービス
経営革新コンサルティング
スポンサードリンク
コンサルティング実績
  • レポートダウンロード数2,361件
  • 個別相談数175件
  • 経営革新認定数37件
ご注意事項
  • 当事務所は、経営革新等支援業務者として国の認定を受けています。
  • 本ページには、最新かつ正しい情報を掲載するよう努めておりますが、タイミングによっては古い情報や誤った情報となってしまうおそれもあります。自己責任のもとで情報確認を行った上、ご活用ください。