経営革新申請支援センター

経営革新申請支援センター
経営革新関係補助金を得る:貴社の経営革新が承認され、実際に経営革新に取り組む際、事業に要する経費の一部について補助金を受けることができます。

経営革新申請支援センター 誰も教えてくれない究極の資金調達マニュアル無料進呈中 新規事業が必要な企業様へ 融資が必要な企業様へ 節税が必要な企業様へ 投資・補助金が必要な企業様へ 販路開拓が必要な企業様へ 経営革新計画申請支援のご案内
NEW緊急告知!「公的支援策活用メルマガ」に今すぐ無料で登録する→
TOP投資・補助金が必要な企業様へ > 経営革新関係補助金を得る

経営革新関係補助金を得る

貴社の経営革新が承認され、実際に経営革新に取り組む際、事業に要する経費の一部について補助金を受けることができます。

「補助金」とは、原則返済する必要もなく、利息も付かない「もらいきりの資金」のことです。「助成金」「給付金」「奨励金」と呼ばれることもありますが、意味はだいたい同じです。補助金が事業活動に与えるインパクトはとてつもなく大きく、もらえる額の10倍〜20倍以上もの売上に匹敵すると言われます。

補助金はもちろん国民の税金が財源です。御社がもらわなければ、他企業がもらうことになります。それはもしかしたら御社のライバル企業かもしれません。

とはいえ、補助金はもらう前ももらった後も、書類作成や報告義務など手間のかかる手続が必要となり、使い道も厳密に指定されている場合が多いため、中途半端な気持ちで申請するのはオススメできません。また、経営革新の場合、補助金が手元に入るのは、経費を支払った後になりますので注意が必要です。

経営革新関連補助金について

17年度まで国と都道府県がそれぞれ1/3ずつ計2/3を限度として補助する経営革新補助金がありましたが、残念ながら18年度に廃止されてしまいました。

しかし、各都道府県によっては、引き続き経営革新計画承認企業に対して直接補助する制度があります。詳しくは経営革新計画を申請する都道府県担当部局に問い合わせてみてください。

経営革新の承認を得ている中小企業は100社中1社もありません。つまり、経営革新の承認を得た時点で、すでに1/100以上の競争を勝ち抜いていることになります。その中から補助金をもらえる企業が決まるわけですから、補助金額の割には競争率が低いと考えられます。

また、経営革新計画の承認を得ていなくても申請できる補助金・助成金がありますが、そういう場合においても、経営革新計画の承認を得ておくと、審査の際に有利にはたらくことがあります。

補助金申請のポイント

補助金・助成金は審査によって採択の可否が決まります。事業の目的や経費の使途がその助成事業に適したものであればあるほど採択される可能性は高くなります。補助金の申請を検討する場合には、助成対象者に該当するか、補助率(経費の何割を補助してもらえるのか)、補助対象となる経費項目などを確認しましょう。

補助率とは、トータル経費のうち、補助対象となる経費の割合のことです。例えば、補助率2/3という場合、900万円の経費がかかったとすると、その2/3の600万円まで補助金をもらうことができます。



経営革新計画の申請に関するお問い合わせはこちらから

知らないと損する!外注コストを90%減らす方法

知っていますか?一括見積りサイトを利用すれば、外注費や委託費を無料で劇的に下げることができます。ある企業は、この方法で90%削減することができたそうです。詳しくはこちら

DM発送・ダイレクトメールサービスの無料一括見積り
複合機・コピー機の無料一括見積りり
リフォーム会社の無料一括見積り
自動車保険の無料一括見積り
物流倉庫・レンタル倉庫の無料一括見積り
オフィスの引っ越しの無料一括見積り
ホームページ制作の無料一括見積り
翻訳代行サービスの無料一括見積り
テレマーケティングの無料一括見積り
データ入力サービス・入力代行の無料一括見積り
POSレジの無料一括見積り
決済代行サービスの無料一括見積り
メール配信サービスの無料一括見積り
クラウドワークスで仕事を依頼する

スポンサードリンク

経営革新申請支援サービス
経営革新コンサルティング
スポンサードリンク
コンサルティング実績
  • レポートダウンロード数2,361件
  • 個別相談数175件
  • 経営革新認定数37件
ご注意事項
  • 当事務所は、経営革新等支援業務者として国の認定を受けています。
  • 本ページには、最新かつ正しい情報を掲載するよう努めておりますが、タイミングによっては古い情報や誤った情報となってしまうおそれもあります。自己責任のもとで情報確認を行った上、ご活用ください。